Loading...

栃木県大谷を拠点に活動する、大谷石彫刻家の渡邉哲夫公式ウェブサイト

カートの中を見る

Biography

渡邉哲夫について

渡邉哲夫についてBiography

略歴

渡邉哲夫

大谷石彫刻家 (わた)(なべ)(てつ)()

1955年、宇都宮市生まれ。栃木県内の高校を卒業後、中央工学校で建設設計を学ぶ。

卒業後、一時はプロの音楽を志すが断念。

帰郷後、大谷石職人である父・渡邉徳重氏、鈴木西州氏のもとで大谷石を彫り始める。

28歳のとき、旧帝国ホテルの復元の話が持ち込まれ、一年半の月日をかけて復元作業を行う。

フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルを通じて知った大谷石の魅力を広めたいと、現在は大谷石のさらなる可能性と新たな表現方法を模索しつつ、様々なシーンでのプロデュース活動にも力を入れている。

経歴

1983年 旧帝国ホテル復元彫刻作成
(明治村)
1984年 旧宇都宮商工会議所
復元彫刻作成
1990年 イーストウッドカントリークラブ
クラブハウス大谷石工事
2000年 横浜聖山手教会
大谷石復元工事
2001年 宇都宮市松が峰協会
大谷石修復・復元工事
2002年 宇都宮市屋板
最終処理場ホール
大谷石レリーフ作成工事
2003年 東京帝国ロビー
壁面大谷石彫刻作成
(紀宮様御成婚記念)
2011年~ ジャパンカップロードレース
トロフィー製作

工房所在地

住所 〒321-2118

栃木県宇都宮市新里町甲200-1

ご訪問を希望されるお客様は、

メールフォームにてお問い合わせ下さい。

こちらから改めてご連絡差し上げます。

ページ最上部に戻る